インドネシアのコンセント事情。ジャカルタやバリに旅行で行くとき要注意!!

インドネシア
仕事でバタバタする中、インドネシアのジャカルタへ釣り旅に行ってきました。
出発後に思い出したのは、インドネシアのコンセント事情ってどんなん?
調べるのと準備するのをすっかり忘れていました。
パパっとインドネシアの電圧、コンセントプラグ形式などを書きます。

インドネシアのコンセント電圧は日本と同じですか?

答えはNOです。
インドネシアの電圧は220Vです。
日本は100Vです。
日本の家電をインドネシアでそのままコンセントに突っ込みますと壊れます。
日本の電化製品の多くが100vのみ対応です。
100-240vって書いてあるものは使用できます。

インドネシアのコンセントを使用するための変圧器

電圧が違うとしても変圧器があれば使用可能です。
最近では旅行用のお手軽なものもありますが、
必ずワット(w)数を確認してください。
ドライヤーはかなりワット数が大きいので小さな変圧器では対処できないことがほとんどです。ドライヤー付きのホテルか、現地で購入することをお勧めします。
旅行用変圧器ですが、インドネシアは240vなので40wまで使用可能です。

インドネシア、バリのコンセントプラグはSE。それっておいしいの?

インドネシアで最も使用されているコンセントプラグの形式はSEタイプです。
壁に丸い穴が開いていて、その奥にいいさな穴が二つ開いているものです。
日本のコンセントプラグを見ていると、こんな使いにくいプラグをよく使うなと感じてしまうものですが、慣れなのでしょうね。

インドネシアのコンセントでiphoneを充電する方法

iphoneの純正充電器は100-240v対応なのでインドネシアでも使用できます。
ただ、壁についているコンセントの形式がSEタイプなので
海外旅行用コンセントプラグ変換アダプターを使用する必要があります。

インドネシアのコンセントプラグはダイソーでも売っているのか?

海外変換プラグという名前で売っています。
ただ、小さなダイソーには売ってないかもしれませんので、
詳しくは店員さんに聞くことがいいでしょう。
必ず、SEタイプというのを伝えましょう。

インドネシアに着いてからコンセント変換プラグを購入する方法

出発後にコンセントプラグについて思い出した私。
ホテルにそういう気の利いたもの置いている場合もありますが、安宿に期待はできません。
何とかなるだろうと思っていますと、実際何とかなりました。
予想通りの場所にありました。

インドネシアジャカルタの空港でコンセント変換プラグを売っている場所

こういうのは空港に売っているはずと思っていて、探してみたらやっぱりありました。
インドネシアのジャカルタには国際線はほぼターミナル2に到着します。
ターミナル2の二階にサークルKがありまして、そこの店頭に売っていました。
値段を見ますと160,000インドネシアルピア
そしてこれ、この記事の上の方で紹介した楽天で売っている海外旅行用マルチ変換プラグとそっくりうり二つ。
値段は日本で買うより安かった。ただ、パクリ商品かもしれないので保証はできません。

インドネシア、ジャカルタの町中でコンセント変換プラグを買う方法

カルフールで売っています。
外国人はカルフールで買うのが安心でしょう。
カルフールではクレジットカードも使用できます。
また、空港で売っていたマルチ変換プラグよりもはるかに安いものが売っています。
宿泊予定ホテルのすぐそばにカルフールがあれば到着したその日に食料品や水の買い出しと同時に購入するのもありですね。
マルチ変換プラグではないですけど、かなり安いですね。
ただ、日本のダイソーの方がもっと安い。

インドネシアコンセントプラグに関するまとめ

結論を言うと、忘れても何とかなるものです。
これまで行った国を見ていると首都にはだいたいカルフールがあります。
あそこに行けば町中の何でも屋よりは高いですけど、言語できなくても買えるので初日から行けます。
ネタ話になりますが、海外旅行行くとだいたい初日にスーパーいきます。
香港では部屋があまりに異臭がしたから消臭剤を買っておもっきし部屋の中に噴霧しまくったとか。
服持って行くのめんどくさかったからまずはパンツ買いに行ったとか。
とりあえず、インドネシアに旅行で行く際に余裕があればダイソーに、
余裕がなければ楽天で変換プラグを購入しましょう。
ドライヤーにはくれぐれもお気をつけください。
タイトルとURLをコピーしました