台湾旅行の注意点:桃園空港の出入国審査で大混雑を回避する方法

台北へ向かう

 

日本と台北を行き来する上で最もストレスを生じさせると言われているのが

台北の最寄りの空港である桃園空港の出入国審査です。

桃園空港はターミナルが二つあるのですが、

すでにキャパオーバーという話です。

 

 

桃園空港の出入国審査の混雑具合

 

飛行機長旅から解放されてやっと空港に着いたと思ったら、

長蛇の列!!

台湾の入国審査には1時間弱見積もっておいてください。

実際私はお客さんのお迎えに桃園空港まで何度も行っていますが、

本当に、何か問題が起こったかと思えるほどなかなか出てきません。

 

もっと危険なのが出国審査です。

ギリギリの時間に空港に着くと、飛行機に間に合いません。

オンラインチェックインをしたとしても、

2時間前には空港についていることをお勧めします。

ちなみに私は過去数回飛行機を乗り過ごしてしまった経験がありますが、

お金と時間の大きな無駄になります。

 

 

桃園空港の出入国審査で空いている時間

 

台北に住んでいると一週間に二回日本と台北を往復している人もいます。

そういう友人に尋ねてみました。

一体、何時頃の出入国検査が最もスムーズなんですか?

 

昼前後が最も混雑し、

深夜や早朝は比較的すいているようです。

とくに早朝だと15分で通過できることもあります。

 

 

桃園空港の第一、第二ターミナルで両替

 

両替を早くしなくてはと、入国手続きがすべて完了する前にあせる気持ちはわかりますが、

桃園空港には第一、第二ターミナルどちらにも両替屋があります。

 

桃園空港第一、第二ターミナルの地図

 

両替を少しでもレートの良いものにという方は

クレジットカードの海外キャッシングがお勧めです。

実際私の周りの台北に住んでいる日本人はほぼすべて

クレジットカードの海外キャッシングで両替しています。

楽天カードで旅行費用の一部を払えば海外旅行保険もついて来てお得!!





桃園空港の到着便チェック

 

用心深い方は、自分の乗る飛行機がどっちのターミナルに着くか

知りたいと思われることでしょう。

 

桃園空港到着便情報

 

ここには飛行機が順調に飛んでいるのか、

もしくは遅延が発生しているのかの情報も出ています。

 

 

桃園空港ピーチや他のカウンターはどこ?

 

私の日本の住所が大阪でして、

台北で交流のある日本人も関西近辺の方が比較的多いです。

それでピーチに乗る機会もあるので、

ターミナルどっちだったっけ?という話になります。

 

主な航空会社のカウンターは以下の通りです。

 

第一ターミナル

ピーチ、エアアジア、エバー、エミレーツ、キャセイパシフィック、ジェットスター、スクート、タイガーエア、チャイナエアライン、バニラエア

 

第二ターミナル

エバー航空、チャイナエアライン、日本航空、全日本空輸、香港航空

 

 

チャイナエアラインが注意が必要です。ガルーダインドネシアやエミレーツの受付も代行してやっていて、

どちらのターミナルにもカウンターがあります。

チャイナエアラインの内訳は

第一ターミナル:米国、カナダ、オーストラリア、日本を除く

第二ターミナル:米国(グアムを含む)、カナダ、オーストラリア、日本、台湾海峡両岸の路線に飛ぶ

 

詳しくは空港サイトをご参照ください。

 

桃園空港航空会社案内

 

 

桃園空港の出入国審査の混雑回避方法

 

1. 関東方面の方は松山空港着の便を利用する。

桃園と違い、台北市内にある松山空港はかなり空いています。

羽田-松山空港でフライトがあります。

詳しくは以下のサイトへ


2.早朝の便を気合入れて利用する

 

3.台湾に1年間に三回以上の入国記録があれば、e-gateで手続き短縮(入国時に限る)

この点は後日詳しく方法を述べますが、

居留証がなくてもパスポートだけで取得可能なので、

1年間で過去3回以上入国のスタンプがあれば10分ほどのWEB申請で即取得可能です。

 

入国時の混雑回避に常客證を発行しましょう!!

詳しくは以下のサイトへ

 

台湾入国のファストパス!「常客証」の書き方から更新方法まで徹底解説

 

以上桃園空港の混雑回避方法についてでした。

海外旅行に必須のインターネット。

桃園空港で受け取る時間がもったいないならこちらをどうぞ



コメント

タイトルとURLをコピーしました